キッチンカーはお客様とのコミュニケーションをはかることができます。

対面販売のために、料理の待ち時間などにお客様と話をする機会が多くなります。

お客様からの意見や感想がダイレクトにもらえることも多く、メニューづくりの参考になる。

お客様と親しくなると、出店場所を紹介してもらえることもあります。

また、オリジナリティを発揮することができます。高い売上を持続する必要はないので、営業が続けられます。

コアな商品を扱って、一定の常連客を確保するスタイルの販売が可能になります。

規模の小さい販売だからこそ、多額の改装費をかけずに、自分らしい内装や外装に仕上げることができます。

独自のアイディアを活かすことができます。キッチンカーはひとりで開業することができます。

もともと人が移動できるスペースも少ないので、ひとりで販売する方が適しているといえます。

人件費は節約できるわけです。仕込みはほとんど車内で行いません。そのため、自宅でひとりで作業することができます。

もちろん、キッチンカーにもデメリットがあります。スペースが狭いというのもそうですし、販売品目が限られるというのもデメリットです。

出店場所は一定しないことが多いといえます。天候に左右されるのも困りものです。

そしてキッチンカーの一番の問題は、販売実績が上がるまで信用されないところです。

キッチンカーの成功の鍵を握るのは、オリジナリティあふれる商品を作り出すことです。

美味しいのはもちろんです。美味しさプラス個性豊かな商品であり、幅広いラインアップのメニューなど特徴的な要素がウリになります。

お店づくりを始める前に、メニューと商品を見直すのも大切です。オリジナリティが大切です。

キッチンカーで個性を活かせ!>>>トップに戻る