キッチンカーの営業時間は、ランチタイムがおすすめです。ランチの購入者は、昼前〜2時ぐらいまでなど、短時間で集中します。

出店場所は、ランチ難民が多くいる都心のオフィス街の一角やコインパーキングなど、ある一定の時間に大勢が通る場所が狙い目です。

ただ、オフィス街は激戦区です。出店場所を確保するのも大変ですが、根気よくいきましょう。

しっかりした食事を提供する場合の、ポイントとして、立地は、ランチタイムに人が集中するオフィス街、都市部の駐車場などです。

ターゲット層は、20代〜40代の男女など、幅広い年齢層が利用します。メニューは、丼、カレー、オムライス、お弁当などです。

販売方法は、焼き物や炒めものなど、簡単な調理で良いので、車内で調理したできたてのものにしましょう。

営業日や時間は、昼時など、一定の時間に集中して出店しましょう。調理機器は、できたてを提供する場合に、コンロは必須です。

ガスもできてればプロパンがベターです。冷蔵庫などの用意も必要です。人数のほうは、短時間にお客様が集中しがちなので、2人以上いたほうがいいでしょう。

1人は接客に専念するなどの効率よく販売できるケースが多くなります。

キッチンカーで車内料理がメインとなる場合は、什器やガス、電気、水道のトラブルが発生するパターンがとても多いものです。事前にしっかりと点検しましょう。

また、都心をはなれた商店街を中心としたエリアでは、パンやお菓子などのキッチンカーが人気です。

プリンやクッキーマドレーヌ、クレープ、大判焼き、揚げパンといった甘いもののメニューが中心となります。

独自の趣向を凝らしたおやつメニューでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

キッチンカーで個性を活かせ!>>>トップに戻る