夜間のキッチンカーのメニュー

キッチンカーで、夜間を中心にするなら、お酒のおともともん、おでん、ラーメン、そば、焼き鳥といった昔ながらの屋台スタイルがいいようです。

この場合は、ワンボックスカーよりもリヤカーなどで移動するケースが多くなります。

赤ちょうちんなどを吊り下げた昔ながらの定番屋台もあれば、イタリアやスペインのバルを思わせる洋風料理、エスニック系ヌードルなどを扱うおしゃれなお店までさまざまです。

お酒を飲んで、疲れを癒やす人の話し相手になって、コミュニケーションをとることも必須です。

夜間のキッチンカーの営業時間は、会社員が帰宅しはじめる18〜20時頃になります。

お店のはしごの2軒めとして利用してくれたり、残業をして終電を逃したサラリーマンが集まる深夜0〜2字ごろなどになります。

アルコールメニューがメインとなるので、客単価があがります。ただ、英魚時間をあまり長く設定すると、心身ともに疲れてしまいます。

短時間と割り切って、営業していきましょう。出店場所は、オフィス街や繁華街の近くなど、会社帰りのサラリーマンが立ち寄りやすい地域が最適です。

しかし、最近は、駅のガードしたといった従来のイメージにとらわれないようにした方がいいようです。

オフィス街の真ん中に出店するケースも珍しくありません。また、イスやテーブルなどを用意する必要があれば、その分スペースを広くとれる場所でなくてはなりません。

キッチンカーはリアカー屋台もいいですが、テントを用意して、キッチンカーの横にイスを並べるなどして客席を確保しましょう。

食事系や大掛かりな調理をする場合は、プロパンガスも必要です。お酒と軽いつまみ程度なら、カセットコンロで十分です。

キッチンカーで個性を活かせ!>>>トップに戻る