副業からはじめるケース

実は移動店舗オーナーのなかには、平日は会社に勤務し土日だけ副業としてオープンというケースが少なくありません。会社員のIさんは週末や長期休暇だけキッチンカーを開く副業家のひとり。幼いころから活発で向上心の強かったIさんは高校卒業後に得意の語学力を生かしてアメリカの大学に留学。学問だけでなく異国で様々な経験をしたそうです。大学卒業後は帰国後して日本企業に就職したものの毎日会社と自宅の往復だけでどこか満たされない。そんなIさんがある日決断。「アメリカで食べた数々のファーストフードの楽しい体験が忘れられなくて、日本でもいつか楽しいファーストフード店を作ってみたい」。そんな思い出いつか自分の店をもつことを目標に独学を進めました。そののち知人の紹介でキッチンカーを営む人に出会いはじめはお手伝いで始めたそうです。